着物に必要なもの(和装小物ほか)


和服といえば着物と帯が代表的ですが、その他になくてはならないのが「和装小物」です。

「和装小物」には、着物の着付けで使う小物や、帯を締めるために使う帯揚げ・帯締めもあります。また、着物に合ったバッグや草履(履物)、髪飾りなどの「和装小物」もあります。洋装でも、洋服に合わせてバッグを持ったり、履物も洋服に合わせてブーツにしたりスニーカーにしたりします。これって、洋装のオシャレの楽しみ方ですよね。着物でもオシャレを楽しむアイテムがたくさんあります。それが「和装小物」です。せっかく着物をきたのですから和の風情ただよう和装小物で着物のオシャレを楽しみたいですね。

着物から和装小物まで紹介します。

・・・着付け小物・・・
肌襦袢着物用の肌着です。長襦袢の下に着ます。最近では、肌襦袢と長襦袢が合体した商品もあります。
裾よけ着物用の肌着です。腰から下をおおい、長襦袢の下につけます。
長襦袢肌襦袢と裾よけの上に着ます。
半衿長襦袢に縫い付ける衿です。白無地だけでなく色柄付きもあります。反衿の見える幅は首の周り1.5cm~2.0cmですが目につきやすい部分です。反衿は着物のオシャレを楽しむポイントの一つになってます。
襟芯長襦袢に縫い付けた半衿の間に入れます。衿芯をいれると長襦袢の衿元がきれいに見えます。
腰ひも長襦袢や着物を着付けるときに使うひもです。2~3本あるといいでしょう。
伊達締め着物の胸元が着崩れしないように結ぶ幅の広いひもです。長襦袢と着物の着付けに2本必要です。
帯板帯の下につけます。
帯枕帯の形をお太鼓にするときに使います。
足袋足にはきます。洋装でいうと靴下ですね。


・・・バック、草履・・・
バックお化粧道具やはんかちなどの小物をいれたりします。
和装ケース着物や帯、長襦袢など一式はいるケースです。着物を持って出かけるときに便利です。
草履履物です。


・・・おしゃれ小物・・・
髪飾り髪につける飾りですね。髪型をセットして髪飾りをつけると着物姿がより一段と華やかになります。
ショール着物の上に羽織ります。まっ白い羽毛のショールからカシミアのショールなどなど、寒い日には一つあるといいですね。
雨コート雨の日でも着物がよごれないように
コート寒い冬のお出かけにはコートがあるといいですね。










スポンサードリンク







気になる記事ピックアップ

七五三のママや祖母の着物の種類
七五三で子供に付き添うママやおばあちゃんの着物について少し詳しく書きますね。(^o^)七五三で着る着物は、留袖、色無地、訪問着、付け下げが一般的です。しかし最近では七五三で留袖を着る人は少ないようです。そのかわり、訪問着や付け下げ、色無地などが多いです。.....

七五三の数え年と満年齢
七五三は7歳、5歳、3歳のときの11月15日(前後)のお祝いです。七五三での年齢についての話題です。まだ2歳だった息子宛に、近所の式場から、その年の七五三について、案内が届きました。七五三は満年齢でするものと思っていたので、少し驚きましたが、このことで、.....

あるDさん家の七五三~年子の姉弟のお宅
Dさんの家では、年子で姉弟です。七五三は、姉が7歳の時に二人一緒にお祝いしたそうです。ですので、弟は6歳のときの七五三です。記念写真を見ると、二人とも七五三の晴れ着に和服を着ていました。晴れ着の和服は女の子のほうが派手で綺麗ですので、七五三の場合、姉弟で.....

七五三はどの日にする?
七五三は11月15日です。とはいえ、お参りは必ずしも11月15日じゃないといけないわけではありません。多くの人が10月~11月にかけての期間で七五三のお参りをします。やはりお休みである土日や祝日を利用したお参りは多いですね。家族そろってお祝いするのが一番ですから。と.....

七五三の着物いつが買い時?
七五三の着物っていつごろ買うのがいいと思いますか?遅れるといい着物は残っていないですし、早すぎると後からもっといい着物が出てくるかもしれない・・・待っていれば、もしかしたらもっと安く買えたのかも・・・ところで、子供の着物って年中ショップへの問い合わせがあるそうです。.....

七五三について

七五三の準備

親・祖父母の準備

七五三の話題

となりの七五三

子育て気になる話題

七五三ひとこと雑談

サイトについて

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

人目です
Copyright © 2007-2017 七五三のこと、七五三に備えて. All rights reserved