子供の着物に必要なもの***7才女の子


七五三で子供に着物を着せようしたとき、普段着慣れない着物だけに どんなものが必要か不安はないですか?

七五三の着物

「7才 女の子」の七五三で着物を着せるときに用意したい、もしくは用意しなければならない物について説明します。


ところで着物や着付け方によっては、若干組合せが異なる場合があります。着物によっては着付けしやすいように工夫されているものもありますからね。


子供の着物と大人の着物では違いがありますし、昔に比べて着物は着易いように変わってきています。


個別に揃えるのは結構大変ですので、お店で用意されているセットの着物を利用すると便利です。ネットショップではセットの着物が豊富に用意されていますよ。


ただし注意したいのがセットだからといっても、中には「紐」や「足袋」などは別に購入しないといけない場合もあります。


セット以外にも必要なものがないか、お店に確認しておいたほうがいいですよ。「後から足りない」では慌ててしまいますからね。


ですので、着物セットを利用するにしても、大まかにどんなものが必要になるかを知っておくことは大切です。




7歳の女の子の場合、「着物に帯を合わせる場合」と「着物に袴を合わせる場合」があります。


「着物に帯を合わせる場合」のほうが一般的ですし、きらびやかですね。


7歳女の子の場合(着物に帯を合わせる場合)
【裾よけ】腰から下をおおい、長襦袢の下につけます。
【肌襦袢】直接素肌の上に着る肌着です。
【長襦袢】肌襦袢と裾よけの上に着ます。
【半衿】長襦袢の衿につけます。模様や刺繍の入ったものが普通です。しつけ糸で固定します。
【紐】襦袢(1本)と着物(2本)で使います。使う場所によって腰紐とか胸紐とか呼ばれます。
【伊達締め】襦袢と着物で使います。伊達締めを使わない場合もあるようです。
【伊達襟】襟元だけ重なっているように見せるものです。襟元を華やかに見せます。
【振袖】メインです。
【結び帯】本式の帯では大変ですので、結び帯を使います。
【帯揚げ】帯の上部に巻きます。
【帯締め】帯を上から締めるきれいな紐です。
【しごき】帯の下部に巻いて後ろのほうにたらす飾りです。
【足袋】
【草履】履物ですね。草履に慣れていない場合はワンサイズ大きい草履のほうが歩きやすく、鼻緒でのすれを和らげることができるようです。
【髪飾り】
【箱迫(はこせこ)】懐からのぞかせるワンポイントのおしゃれです。ちり紙などを入れるためのものです。
【扇子】扇子は帯に差します。
【バッグ】



7歳女の子の場合(着物に袴を合わせる場合)
【裾よけ】腰から下をおおい、長襦袢の下につけます。
【肌襦袢】直接素肌の上に着る肌着です。
【長襦袢】肌襦袢と裾よけの上に着ます。
【半衿】長襦袢の衿につけます。模様や刺繍の入ったものが普通です。しつけ糸で固定します。
【紐】襦袢(1本)と着物(2本)で使います。使う場所によって腰紐とか胸紐とか呼ばれます。
【伊達襟】襟元だけ重なっているように見せるものです。襟元を華やかに見せます。
【振袖】メインです。
【袴下帯】袴の下に隠れる帯です。
【袴】
【足袋&草履】履物ですね。草履に慣れていない場合はワンサイズ大きい草履のほうが歩きやすく、鼻緒でのすれを和らげることができるようです。
又は【ブーツ】袴ので合わせる場合は履物はブーツもOKです。「ハイカラさんが通る」みたいなイメージですね(古っ^_^;)。
【髪飾り】
【巾着】



☆私が見つけたお手ごろ価格でおススメのショップです。
七五三子供用着物のお店(楽天市場・・優彩京都) ≫



☆早くも売り切れが出ている人気ブランド品も見つかります。お手ごろ価格の着物もあります。
七五三子供用着物のお店(楽天市場・・キモノ仙臺屋3号店) ≫







スポンサードリンク







気になる記事ピックアップ

七五三のママや祖母の着物の種類
七五三で子供に付き添うママやおばあちゃんの着物について少し詳しく書きますね。(^o^)七五三で着る着物は、留袖、色無地、訪問着、付け下げが一般的です。しかし最近では七五三で留袖を着る人は少ないようです。そのかわり、訪問着や付け下げ、色無地などが多いです。.....

七五三の数え年と満年齢
七五三は7歳、5歳、3歳のときの11月15日(前後)のお祝いです。七五三での年齢についての話題です。まだ2歳だった息子宛に、近所の式場から、その年の七五三について、案内が届きました。七五三は満年齢でするものと思っていたので、少し驚きましたが、このことで、.....

あるDさん家の七五三~年子の姉弟のお宅
Dさんの家では、年子で姉弟です。七五三は、姉が7歳の時に二人一緒にお祝いしたそうです。ですので、弟は6歳のときの七五三です。記念写真を見ると、二人とも七五三の晴れ着に和服を着ていました。晴れ着の和服は女の子のほうが派手で綺麗ですので、七五三の場合、姉弟で.....

七五三はどの日にする?
七五三は11月15日です。とはいえ、お参りは必ずしも11月15日じゃないといけないわけではありません。多くの人が10月~11月にかけての期間で七五三のお参りをします。やはりお休みである土日や祝日を利用したお参りは多いですね。家族そろってお祝いするのが一番ですから。と.....

七五三の着物いつが買い時?
七五三の着物っていつごろ買うのがいいと思いますか?遅れるといい着物は残っていないですし、早すぎると後からもっといい着物が出てくるかもしれない・・・待っていれば、もしかしたらもっと安く買えたのかも・・・ところで、子供の着物って年中ショップへの問い合わせがあるそうです。.....

七五三について

七五三の準備

親・祖父母の準備

七五三の話題

となりの七五三

子育て気になる話題

七五三ひとこと雑談

サイトについて

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

人目です
Copyright © 2007-2011 七五三のこと、七五三に備えて. All rights reserved