七五三のほかにも子供の行事いろいろ


七五三のほかにも子供の行事はいろいろあります。そんな子供に関わる行事を集めてみました。地域によっては特に重視する行事や、あまり重視しない行事もあるかもしれません。また、ほかの地域ではやられていない、地域固有の行事もあったりするかもしれませんね。

お宮参り・・・生後30日前後・・・土地に住む氏神様へのお参りです。初着(うぶぎ)と呼ばれる着物を纏ってお参りします。

お食い初め・・・生後100日目など・・・子供が一生食べ物に困らないように祈願して、食べるマネをします。・・・我が家では尾頭付きの鯛も用意してやりました。鯛は、お父さんやお母さん、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが美味しく頂きました。

1才の誕生日・・・赤ちゃんに餅を背負わせる行事があります。・・・ちなみに我が家では、普通にケーキで誕生日を祝いました。

七五三・・・10月~11月(11月15日)

誕生日・・・毎年行われる子供が主役の行事です。

お正月・・・1月1日・・・着物があれば着物での初詣もいいですね。

節分・・・2月3日・・・「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきです。

桃の節句(雛祭り)・・・3月3日・・・女の子の節句です。雛人形を飾るお祭りです。着物を着ると似合いますね。・・・我が家の雛人形はお母さんのお下がりです。

端午の節句・・・5月5日・・・男の子の節句です。こいのぼりや、鎧兜などを飾ります。ちまきや柏餅などを食べたりします。羽織・袴を着ると似合いますね。・・・我が家では、柏餅を食べました。そして、こいのぼりは、ちっちゃいオモチャのこいのぼり。鎧兜は大きな折り紙でつくりました。

お盆・・・8月中旬・・・お盆といえばお墓参りです。・・・我が家ではこの時期おじいちゃんの家で、迎え火や送り火をしながら花火をするのが定番になっています。

ハロウィン・・・10月31日・・・近頃知名度が高まってきました。カボチャのお化けが印象的ですね。

クリスマス・・・12月24日と25日・・・クリスマスは子供にとっては、プレゼントが期待できるとても重要な行事かもしれません。

入園・・・保育園、幼稚園への入園です。最近では、幼稚園と保育園をあわせた、こども園というのもあるようですね。

運動会・・・子供の運動会は家族みんなの行事ですね。

遠足・・・遠足も子供たちにとってはとても楽しみな行事の一つです。

卒園・・・保育園や幼稚園、こども園の卒業式です。

入学・・・小学校への入学です。







スポンサードリンク







気になる記事ピックアップ

ママ・祖母の洋装の準備
ママやおばあちゃんが、洋装にする場合はスーツやワンピースが一般的です。洋装にするメリットはやはり手軽さでしょう。着物のように着付けがないですし、七五三当日も動きやすいので子供のフォローが楽です。七五三は伝統行事ですので着物もいいですが.....

あるAさん家の七五三~6歳離れた姉妹
6歳離れた姉妹のAさんの家庭のお話です。Aさん家では、上の子(お姉さん)が数え年で7歳(満6歳)のとき、七五三のお祝いをしたそうです。ちなみに、3歳のときには、特に七五三ということで神社へのお参りや、晴れ着での記念撮影はしなかったそう.....

七五三とは
七五三とは、我が子の成長を祝う行事の一つです。七五三は、子供が3歳、5歳、7歳になったことを祝って行う行事です。七五三では、男の子と女の子で、祝う歳が違います。男の子は3歳と5歳で、女の子は3歳と7歳で行われます。七五三という.....

子供の着物に必要なもの***7才女の子
「7才 女の子」の七五三で着物を着せるときに用意したい、もしくは用意しなければならない物について説明します。ところで着物や着付け方によっては、若干組合せが異なる場合があります。着物によっては着付けしやすいように工夫されているも.....

【七五三の子供の洋装】
七五三ではタキシードやスーツの男の子、ドレスやワンピースの女の子もまたかわいいですね。ちなみに○十数年前、私が七五三のときはベルベットの赤のドレスでお参りに行きました。そのドレス、今でもちゃんと保存しています。ということは、私.....

七五三について

七五三の準備

親・祖父母の準備

七五三の話題

となりの七五三

子育て気になる話題

七五三ひとこと雑談

サイトについて

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

人目です
Copyright © 2007-2017 七五三のこと、七五三に備えて. All rights reserved