七五三の由縁など


七五三ではなぜ、7歳、5歳、3歳なのでしょうか。七五三の7歳、5歳、3歳について調べてみました。

三歳は、男の子も女の子も髪をのばしはじめる「髪置き(かみおき)」だそうです。・・・昔は、男の子も女の子も赤ちゃんは坊主頭だったということですね。最近は、赤ちゃんの髪を剃ったりする人をあまり見ない気がします。ですので、三歳の「髪置き」の前に、もう髪はかなり伸びているでしょうね(笑)。我が家でも一度も髪の毛を剃ったことが無いです。

子供の髪の毛


五歳は、男の子がはじめてはかまを着用する「袴着」だそうです。・・・5歳になって、男の子として見られるということでしょうか。

袴


七歳は、女の子が帯をして着物を着る「帯解き(おびとき)」だそうです。・・・女の子のほうが、男の子よりも遅いんですね。

帯解き


そんな訳で、七五三の7歳、5歳、3歳には、それぞれに意味があるようです。それぞれの由縁があって、七五三では、男の子が3歳と5歳のときに、女の子が3歳と7歳のときにお祝いをするようですね。

7と5と3という数字も縁起のいい数字だそうです。

ところで、七五三のお祝いの背景には、乳幼児の生存率が高くなかった昔の時代背景もあったようです。そういう時代にあっては子供が無事に七五三を迎えることはとても嬉しいことだったでしょうね。

七五三を迎えることは、今もモチロン嬉しいのですが、昔ほどの七五三の重さは無いのかもしれませんね。

七五三の定番の千歳飴。この千歳飴はいつごろ誕生したんでしょうね。江戸時代の元禄・宝永の頃(1688年~1711年)には、「千歳飴」が浅草で売られていたという記録があるようです。

千歳飴







スポンサードリンク







気になる記事ピックアップ

七五三のママや祖母の着物の種類
七五三で子供に付き添うママやおばあちゃんの着物について少し詳しく書きますね。(^o^)七五三で着る着物は、留袖、色無地、訪問着、付け下げが一般的です。しかし最近では七五三で留袖を着る人は少ないようです。そのかわり、訪問着や付け下げ、色無地などが多いです。.....

七五三の数え年と満年齢
七五三は7歳、5歳、3歳のときの11月15日(前後)のお祝いです。七五三での年齢についての話題です。まだ2歳だった息子宛に、近所の式場から、その年の七五三について、案内が届きました。七五三は満年齢でするものと思っていたので、少し驚きましたが、このことで、.....

あるDさん家の七五三~年子の姉弟のお宅
Dさんの家では、年子で姉弟です。七五三は、姉が7歳の時に二人一緒にお祝いしたそうです。ですので、弟は6歳のときの七五三です。記念写真を見ると、二人とも七五三の晴れ着に和服を着ていました。晴れ着の和服は女の子のほうが派手で綺麗ですので、七五三の場合、姉弟で.....

七五三はどの日にする?
七五三は11月15日です。とはいえ、お参りは必ずしも11月15日じゃないといけないわけではありません。多くの人が10月~11月にかけての期間で七五三のお参りをします。やはりお休みである土日や祝日を利用したお参りは多いですね。家族そろってお祝いするのが一番ですから。と.....

七五三の着物いつが買い時?
七五三の着物っていつごろ買うのがいいと思いますか?遅れるといい着物は残っていないですし、早すぎると後からもっといい着物が出てくるかもしれない・・・待っていれば、もしかしたらもっと安く買えたのかも・・・ところで、子供の着物って年中ショップへの問い合わせがあるそうです。.....

七五三について

七五三の準備

親・祖父母の準備

七五三の話題

となりの七五三

子育て気になる話題

七五三ひとこと雑談

サイトについて

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

人目です
Copyright © 2007-2011 七五三のこと、七五三に備えて. All rights reserved