七五三の由縁など


七五三ではなぜ、7歳、5歳、3歳なのでしょうか。七五三の7歳、5歳、3歳について調べてみました。

三歳は、男の子も女の子も髪をのばしはじめる「髪置き(かみおき)」だそうです。・・・昔は、男の子も女の子も赤ちゃんは坊主頭だったということですね。最近は、赤ちゃんの髪を剃ったりする人をあまり見ない気がします。ですので、三歳の「髪置き」の前に、もう髪はかなり伸びているでしょうね(笑)。我が家でも一度も髪の毛を剃ったことが無いです。

子供の髪の毛


五歳は、男の子がはじめてはかまを着用する「袴着」だそうです。・・・5歳になって、男の子として見られるということでしょうか。

袴


七歳は、女の子が帯をして着物を着る「帯解き(おびとき)」だそうです。・・・女の子のほうが、男の子よりも遅いんですね。

帯解き


そんな訳で、七五三の7歳、5歳、3歳には、それぞれに意味があるようです。それぞれの由縁があって、七五三では、男の子が3歳と5歳のときに、女の子が3歳と7歳のときにお祝いをするようですね。

7と5と3という数字も縁起のいい数字だそうです。

ところで、七五三のお祝いの背景には、乳幼児の生存率が高くなかった昔の時代背景もあったようです。そういう時代にあっては子供が無事に七五三を迎えることはとても嬉しいことだったでしょうね。

七五三を迎えることは、今もモチロン嬉しいのですが、昔ほどの七五三の重さは無いのかもしれませんね。

七五三の定番の千歳飴。この千歳飴はいつごろ誕生したんでしょうね。江戸時代の元禄・宝永の頃(1688年~1711年)には、「千歳飴」が浅草で売られていたという記録があるようです。

千歳飴







スポンサードリンク







気になる記事ピックアップ

英語に愛される子に
子供が英語に愛される「英語の学習」とはどんなものだと思います?学校のテストや受験のための英語の勉強で、果たして英語に愛されるでしょうか?多くの大人たちがそうだったように、子供の英語が単なる「テストの点数比べ」になら.....

気になる子供着物の値段は?
子供の七五三の晴れ着に「着物」は昔からの定番です。近頃は洋服の子も増えているようですが、洋服の子が増えるということは、着物を着た子が益々映えますよね。そんな子供の着物ですが、値段的にはどんなものなのでしょう.....

着物を着た後のお手入れは?
着物を着た後のお手入れについて紹介します。着物を着た後「しばらく着物を着る機会がない場合」と、「また着物を着る機会がある場合」があります。「また着物を着る機会がある場合」とは、例えば「お参り」と「記念写真撮.....

着物に必要なもの(和装小物ほか)
和服といえば着物と帯が代表的ですが、その他になくてはならないのが「和装小物」です。「和装小物」には、着物の着付けで使う小物や、帯を締めるために使う帯揚げ・帯締めもあります。また、着物に合ったバッグや草履(履.....

子供の着物や晴着の汚れ予防と対策
七五三では子供にきれいな晴着を着せてあげたいです。きれいな晴着を着たときに心配なのが「汚すこと」ですね。相手は小さな子供だけに、無邪気にとんでもないことをしだすこともありますからね。晴着への「汚れ」はできる.....

七五三について

七五三の準備

親・祖父母の準備

七五三の話題

となりの七五三

子育て気になる話題

七五三ひとこと雑談

サイトについて

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

人目です
Copyright © 2007-2011 七五三のこと、七五三に備えて. All rights reserved